この法律トップ

起業・投資・資産管理術の研究

出版物一覧・注文

第1条 統制を受ける投資業

 

 (1)この法律の規定を留保しつつ、免許の諸条件に基づき、かつ拠らなければ、何人も、統制を受けるいかなる投資業についても、ガーンジー執行官管轄区内において、またはその領域内より領域外にかけて、これを営み、またはこれを営むものとして自己を表示してはならない。

 (2)この法律の規定を留保しつつ、ガーンジー執行官管轄区の団体は、次に掲げる事由がある場合を除いては、統制を受けるいかなる投資業についても、ガーンジー執行官管轄区外の国もしくは領域において、またはその国もしくは領域の内より外にかけて、これを営み、またはこれを営むものとして自己を表示してはならない。すなわち、

  (a)その団体が、ガーンジー執行官管轄区において当該事業をなす免許を有しており、かつ、

  (b)その団体がガーンジー執行官管轄区において当該事業を行っていたとすれば、当該事業が適法に行われるはずであるとき。

 (3)この法律の規定を目的として、

  (a)何人も、業として、統制を受ける投資に関して制限される活動に従事するときは、統制を受ける投資業を営むものであり、

  (b)付表1に指定し、定義する諸部門のいずれかの投資は、「統制を受ける投資」を構成し、かつ、

  (c)付表2に指定し、定義する活動は、統制を受ける投資に関してなされた時は、「制限される活動」を構成する。

Copyrighted by e-law international USA Limited, 2001.

 

[関連リンク]

ヘッジファンド、オフショア・ファンドの作り方

ケイマン諸島の銀行口座開設、登記簿上の本店(Registered Office)開設等の情報

 

会社設立の裏ワザ オフショア投資、騙されまいぞ オフショア信託法(日本語版) 香港破産法(日本語版) 米国著作権法(日本語版) 自分でできる米国法人設立 自分でできるオフショア法人設立 スイス銀行口座を無料で開設

1つの口座で世界に投資!!—スイス・プライベートバンク利用の基礎知識

スイスのプライベート・バンクが「伝統的投資」にこだわるのは何故か?

起業・投資・資産管理の研究(トップページ)

出版物一覧・注文

メール: mz.group@e-law-international.com