出版物一覧・注文

投資信託業界の「良心」

 

日本の外貨預金金利は国民を愚弄しているのか

--外貨MMF、プライベートバンクとの比較--

 

 

あの「スイスフラン」で、さえも・・・

 ちょっと強烈なタイトルになりましたが、正直な感想です。

 最近(これを書いているのは20078月です)、日本円の実質実効為替レートが1985年の「プラザ合意」以来の円安水準になったというニュースがありました。

 当時の為替レートが1ドル=240円台だったというのですから、これは相当な円安水準です。近頃は「海外旅行しても物価が高いと感じる」というのも納得が行きます。

 思えば、ほんの3, 4年ほど前までは、世界的な低金利の時代でした。2004年初めには、アメリカの政策金利が1%ほど、スイスと日本は実質ゼロ金利の政策で肩を並べるという状態だったのです。ところが、あれよあれよという間に米国の政策金利であるフェデラルファンド・レート(Federal Fund Rate, FFレート)5.25%にもなり、日本円とともに低金利通貨の代表であったスイスフランでさえも主要政策金利が2.5%となりました。ひとり日本円だけが取り残されてしまったという感じは否めません。

「歴史的な円安水準」に至った背景には長引く低金利があります。金利政策、円高円安の是非については意見が分かれるでしょうが、かつて「ジャパン・アズ No. 1」などと言われた「強い円の時代」を知っている世代からすれば、現状には一抹の寂しさを禁じ得ないかも知れません。

 

外貨定期預金の「まさか」(!?)

 とはいえ、世界が低金利の時代を脱したというのは、外貨投資をしようとする人たちにとっては良いニュースでしょう。昨今はFX(外国為替証拠金取引)がブームですが、外貨投資と言ってもそのようなハイリスク取引に興味がない場合は、とりあえず「銀行で外貨預金でも」ということになるかと思います。

 そこで銀行に試しに問い合わせてみましょう。すると、その結果は・・・まさに「信じられない」と言っていいものです。

 以下は、A銀行の担当者との会話です。

 「あのう、スイスフランの定期預金をつくりたいのですが・・・」

 「ありがとうございます。スイスフランの定期預金の金利は、6ヶ月もので年0.28パーセントでございます」

 「は?  今何とおっしゃいました?

 「スイスフランの金利は、6ヶ月もので0.28パーセントです」

 まことに、我と我が耳を疑うというのは、こういうときのことを言うのではないでしょうか。

 0.28%というのは、スイスの政策金利である2.5%9分の1程度に過ぎません。1.28%の間違いでは・・・。ところが何度聞いても答えは同じなのです。

銀行の担当者が余りに自信満々なので、そもそも「スイスの政策金利は2.5%である」という情報自体が間違っていたのではないかと不安になってしまいます。日本の外貨預金が為替手数料狙いのあざとい商売であることは承知しているものの、まさか、いくら何でも預金金利が「政策金利の9分の1」なんていうことはあり得ないでしょう。

 

「スイスフランの特殊事情」はあるのか

そこで、逆に「確か、スイスの政策金利は2.5パーセントだと思ったのですが・・・間違いないでしょうか」と、恐る恐る尋ねてみるとします。すると、銀行の担当者はそれも知らないのか、「お待ち下さい」と言われ、さんざん待たされた挙句に、「2.5パーセントで間違いありません」などと平然と言われてしまうのです。

 銀行は、各国の政策金利などチェックしていない顧客に対しては、「スイスは日本と並ぶ低金利国ですので・・・」などと言えば納得されるのかも知れません。あるいは、「日本人は低金利に慣れているから預金金利があるだけで喜ぶ」と思われているのかも知れません。

しかし、顧客がいくら金融知識を欠いているからといっても、これはやりすぎだと思うのです。

 どうしても納得が行かないので、同じことを、知り合いのプライベートバンカーに聞いてみました。もしかしたら「スイスフランの特殊事情」のようなものがあるかも知れないと思ったからです。

すると、「スイスフランの定期預金金利は6ヶ月もので2.250パーセント、1年もので2.375パーセントである」と言われました(2007824日現在)

 

せめて「常識の範囲」に・・・

これは、やはりプライベートバンクの信託預金金利なので、かなりの高水準であるのは確かです。

ですから、この水準を一般銀行の外貨預金金利と比較すること自体やや酷であると思われます。当方としても、この金利水準を日本の外貨預金に求める気はさらさらありません。

しかし、プライベートバンクと比較して分かったことは、「スイスフランの特殊事情」のようなものは(少なくともグローバルなレベルでは)おそらく存在しないこと、そして、日本国内の外貨預金金利の低さは既に常識的な「比較の範囲」を超えているということです。もはや「非常識」のレベルに達していると言っていいでしょう。

日本の外貨預金が、せめて常識的な「比較の範囲」に入ることを切に望みます。

 

知識武装の重要性

 残念ながら、プライベートバンクは誰でも利用できるというものではありません。もしプライベートバンクを利用してその高い預金金利とサービスを享受することが可能なら、それに越したことはないでしょうが・・・。

とはいえ、仮にプライベートバンクを利用することができないとしても、各国の政策金利をときどきチェックするなどして、知識武装することをお勧めします。外貨預金金利などで銀行に「いいようにされる」ということを防ぐためにも、一般市民が金融知識を身に付け、知識武装することは必要だからです。いつの日か、日本人が銀行から「あなどれない国民」とみなされるようになれば、日本の外貨預金も単なる「為替手数料狙いの金融商品」ではなくなり、その金利もやがて適正な水準に落ち着いて行くのかも知れません。

 ところで、巷では「金融教育」が流行語になっています。

銀行がPRのために講座を開いたりしてTVコマーシャルのテーマなどにもなっているようですが、どうも日本では、「金融機関にとって都合の良い客」をつくるための教育が金融教育であるという気がします。

けれども、国民が「身を守る術」としての知識をまず身に付けてこそ、本来の金融教育と言えるのではないでしょうか。

 

[参考資料]

主要通貨おける政策金利、外貨預金金利、外貨MMF実績分配率、プライベートバンク信託預金金利の比較(いずれも税引き前の値に基づき、比較のため各国政策金利を1として換算したもの。小数第3位以下は切り捨て。2007824日現在)

 

米ドル

ユーロ

カナダドル

豪ドル

NZドル

政策金利 = 1.0

(各国での名称)

1.0

(Federal Fund Rate)

1.0

(Refinancing Tender)

1.0

(Overnight Rate)

1.0

(Cash Rate)

1.0

(Official Cash Rate)

国内外貨預金金利(A銀行)

0.65

(6ヶ月定期預金の金利)

0.68

(6ヶ月定期預金の金利)

0.46

(6ヶ月定期預金の金利)

0.68

(6ヶ月定期預金の金利)

0.77

(6ヶ月定期預金の金利)

外貨MMF (B証券)

0.88

(実績分配率)

0.85

(実績分配率)

0.82

(実績分配率)

0.87

(実績分配率)

0.93

(実績分配率)

プライベートバンク信託預金金利(Bank C)

0.90

(6ヶ月定期預金の金利)

0.96

(6ヶ月定期預金の金利)

0.91

(6ヶ月定期預金の金利)

0.92

(6ヶ月定期預金の金利)

0.96

(6ヶ月定期預金の金利)

 

資料のコメント

    あえてA銀行の名誉のために言うと、外貨預金金利が「政策金利の9分の1」という極端な例はスイスフランのみであって、他の通貨の場合は、概ね「政策金利の半分程度」は確保しているようですが、それが適正な水準であるか否かは簡単には言えません。それにしても、スイスフランの定期預金の金利が何故これほど低いのか、この通貨の場合おそらく「日本では他銀行との競争が少ない」という以外に何か理由があるのか、ぜひ知りたいものです。

    比較的よく知られていることですが、外貨MMFの実績分配率は一般に外貨預金の金利を上回ります。これは、一つには外貨MMFが「預金ではなく投資信託」なので、元本保証がなく、その分の「リスク・プレミアム」が上乗せされるからだと考えられます。MMFが元本割れする可能性は小さいとされていますが、過去に元本割れがなかったわけではありません。

    プライベートバンクの信託預金金利は、「元本保証」であるにもかかわらず、軒並み各国政策金利の90%以上を達成しており、外貨MMFの実績分配率を上回る水準を保っています。

    プライベートバンクには、定期預金以外に「コール預金」と呼ばれるものがあります。コール預金は日本の銀行の普通預金に相当する変動金利商品ですが、定期預金並み(日本の外貨定期預金ではなく、「プライベートバンクの定期預金」並みであることに注意)の金利が付き、しかも元本が保証されています。

    たとえプライベートバンクであっても、元本保証である預金の金利が各国の政策金利を上回ることは普通考えにくいことです。従って、インターネット上などでこれを上回る預金金利を提示している銀行があれば「あやしい」と見なすべきであり、近付かない方が賢明です。その意味でも、主要通貨の政策金利をときどきチェックすることは重要なことです。

 

[関連リンク]

国際的な投資アドバイザーを味方に付けよ

誰も知らない 投資信託の秘密

投資超初心者がプロに勝つための「年30分」ずぼら投資法

長期投資の罠 凡人の「ひらめき」が巨富を生む

 

**日本語が通じるスイスのプライベートバンクの情報を無料でご提供致しております。詳しくはお問い合わせ下さい(メール: mz.group@e-law-international.com )

**本サイトの金融関係記事は情報の提供のみを目的としており、本サイトでは、預金、投資信託等も含め、いかなる金融商品の販売、仲介、推奨、勧誘も致しません。

 

[HOME]