起業・投資・資産管理術の研究

出版物一覧・注文

 

口座開設の可能な証券会社

 本題に戻りましょう。

 アメリカの証券会社に口座を開く方法は、すでに、それらの本に詳しく解説されています。従って、ここでは屋上屋を重ねることはせず、ポイントだけを述べることとします(詳細は、『ゴミ投資家のためのインターネット株式投資入門』、『1000ドルから本気でやるアメリカ株式投資』等の本をご参照ください)。また、1998年当時とは事情が異なる面がありますので、その最新事情についてはやや詳しく説明します。

 さて、アメリカの代表的な証券会社で、外国からの口座開設に応ずるところには、次のようなものがあります。

  Ameritrade (http://ameritrade.com)

 CharlesSchwab (http://www.schwab.com)

  Datek (http://www.datek.com)

  E*TRADE (http://etrade.com)

  Quick&Reilly (http://www.quickwaynet.com)

  SURETRADE (http://www.suretrade.com)

 TD Waterhouse (http://tdwaterhouse.com)

 

口座開設の手続きは

 これらのホームページを開くと、「口座開設」(open an account, opening an accountなど)というコーナーがありますから、そこから入って「申請書」(application form)に必要事項を入力するか、または申請書をプリントして記入し、署名して返送することで口座開設(またはその仮登録)ができます。Eメールで頼めば、申請書付のパンフレットを送ってくることもあります。

 なお、アメリカの証券会社では、多くの場合、口座を開くための最低金額というものがあり、その金額を下回ると口座管理手数料を毎月差し引かれますから注意してください。

 

次へ 戻る

このコーナーのトップ

 

会社設立の裏ワザ 実録・2万円で株式会社設立 自分でできるオフショア法人設立

自分でできる米国法人設立 オフショア投資、騙されまいぞ オフショア信託法(日本語版) スイス銀行口座を無料で開設

香港破産法(日本語版) 米国著作権法(日本語版)