起業・投資・資産管理術の研究

出版物一覧・注文

 

銀行口座の開設は難しいか

 さて、いよいよアメリカに「銀行口座」を開設する番です。

 皆さんの中には、インターネットなどでアメリカの銀行に口座開設を申込んで断られた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 アメリカの銀行、特にインターネット銀行では、ほとんどの場合、口座開設希望者の社会保障番号(Social Security Number, SSN)を要求し、これがないと門前払いを喰らってしまいます。

 社会保障番号は、アメリカ市民や永住外国人なら誰でも持っている背番号のようなものです。日本からインターネットを通じて口座を開きたいという日本人が持っているはずはなく、またアメリカに永住する覚悟もないのに(いや、あっても)簡単に取得できるものではありません。

ですから、ほとんどの日本人は、ここで口座開設を断念することになります。

 

米国法人を設立して口座開設

 それでも「口座開設したい」という人は、アメリカに会社を設立して法人名義の口座を取得することになります。このウェブサイトを訪れた方ならすでにお分かりのように、アメリカでの会社設立なら極めて簡単です。

 「口座開設」より「会社設立」の方がはるかに簡単とは、日本人の感覚からするといかにも奇妙ですが、これがアメリカです。

日本人が設立した会社とは言え、米国法人、つまり一種の「アメリカ人」なのですから、その口座がアメリカにあって不思議はありません。

ところが、この場合も「口座開設申込書に署名する人の社会保障番号が必要」だとか、「署名は実際の店舗に来て行うこと。郵送は不可」などと言われて、なかなかうまくいかないのが現実です。

 

次へ 戻る

このコーナーのトップ

 

会社設立の裏ワザ 実録・2万円で株式会社設立 自分でできるオフショア法人設立

自分でできる米国法人設立 オフショア投資、騙されまいぞ オフショア信託法(日本語版) スイス銀行口座を無料で開設

香港破産法(日本語版) 米国著作権法(日本語版)