起業・投資・資産管理術の研究

出版物一覧・注文

 

 

投資超初心者がプロに勝つための

「年30分」ずぼら投資法

M&Zビジネス翻訳センター著

 

 

解説 長期低落傾向にある日本市場。「10年で2倍」を目指しているはずの長期投資が「10年で半分」になることさえあります。日本人は「ジリ貧」に手をこまねいているか、大やけど覚悟で「ハイリスク」に身を投ずるしかないのでしょうか。そんなことはないはずです。・・・本書では、投資初心者が、リスクとコストをできる限り抑えつつ、単純なインデックス(平均株価)投資により、わずか「年30分」の努力で堅実な投資を行う方法を提案します。この方法を1996年秋から2005年春まで適用したところ、20%のマイナスとなっている市場でプラス77%のリターンが得られています。(13,000+税、税込み13,650)

 

 本書と『誰も知らない投資信託の秘密』を同時にお買い上げいただきました場合は、本体の合計金額から1,000円割引とさせていただきます。

 

本書のご利用はご購入されたお客様個人の資産運用の参考として役立てることに限定されるようにお願い致します。本書の内容を公表したり、他人に口外または開示したり、またはビジネスに用いたりすることは、ご遠慮願います。

従いまして、金融機関関係者、ファイナンシャル・プランナーなど、広い意味での資産運用ビジネスにかかわる方、その他いかなる方法であっても本書の内容を商業的に利用される可能性のある方のご購入はご遠慮いただいております。

本書には返金保証が付いております。本書の根幹となる内容を「すでに知っていた」と示された場合は、商品到着後1週間以内にご連絡いただければ返金致します。ただし、万一、金融機関関係者、ファイナンシャル・プランナーなど、広い意味での資産運用ビジネスにかかわる方が、その事実を隠すなどして購入された場合は、いかなる理由があっても返金は致しませんのでご注意下さい。もちろん、本書の根幹となる内容は専門家といえども知らないと確信しております。

 

目次

(リンクで内容の一部が見られます)

 

Part 1   アセットアロケーションは投資の役に立つか??

 

アセットアロケーションとは何か?

「不適切なポートフォリオ」を避ける

アセットアロケーションのイメージ

リターンを最大化する

シンプルかつ実践的な方法

アセットアロケーションの機動的転換

本多静六の思想とも一致

「アセットアロケーション理論」の検証

バブル崩壊以後、株式投資のチャンスは3?!

より現実的なシナリオ

アセットアロケーションの組み換えの方法

日経平均株価と日経公社債インデックスを用いる

「アセットアロケーションの機動的転換」の結果とは?!

200万円が189万円に

下落リスクを30%以上も低減

 

Part 2   経済予測の罠

 

現実への適用はさほど簡単ではない

景気拡大期にも株価は下がる

景気転換期のわかりにくさ

投資アドバイザーに気を付けろ!?

投資アドバイスが無料で受けられる

経済予測の罠

専門家に期待できること

 

Part 3    経済予測は投資の役に立つか??

 

「経済予測」は当たるのか?!

予測の定番

「結局、何が起こるのか」

景気予想とその評価

予測の結果はどうだったか?!

景気予想に基づく投資

年度末と年末の差

下落リスクは大幅に低減

株式相場に関する予測を検証する

株式相場予想に基づく投資

他の投資法の結果と比較すると・・・?!

「予測に反する投資」の結果は???

経済予測に意味はあるのか?!

 

Part 4   「投資に役立つ経済予測」とは何か??

 

「極めてよく当たる予測」がある?!

米国景気予想とその評価

「有害な予測外れ」は生じていない

米国株式、米国債券への投資

米国景気予測に基づく投資

米国株式、米国債券を用いたその他の投資結果

下手に投資したとしてもインデックスを超える

リスクとリターンのバランスは適切か?!

 

Part 5    経済予測は本当にいいかげんなのか?!

 

日米の予測結果は何故こうも違うのか?!

予測はいいかげんか?!

ボラティリティーに注意

ボラティリティーの質

「底値で買って天井で売る」は正しいか?!

日本株の動向予測がすべて的中?!

「可能性の低さ」を考慮すれば・・・

日本株価予測と株価の相関

株価は予測に影響するのか???

 

Part 6    「ずぼら投資」とは、どんな投資か??

 

予測直後の株価

1年後の株価

予測の「賞味期限」―字義通りには受け取れない

「賞味期限」を活用する本書が発見した投資法

債券に分散せず

マイナス相場のなか、年平均8.5%の伸び率

「株価動向がすべて的中」に勝る結果

類似システムとの比較

不安定な市場に適する

 

Part 7    「プロの投資術」は個人投資家の役に立つか?!

 

究極の「ずぼら投資」

市場に適した投資法を選ぶ

長期投資の条件

資産運用の王道

個人投資家のための投資理論はあるか???

「プロのための投資理論」とは???

「出ずっぱりで市場を監視する」など不可能

日本において「長期投資」とは何か

 

Part 8   結論。「年30分」で初心者がプロに勝つ

 

投資法は「2行」だけ

わずか年30分の手間で市場平均を大きく上回る

お願い

 

[関連リンク]

 

誰も知らない 投資信託の秘密

長期投資の罠 長期低落傾向の相場で勝つには 凡人の「ひらめき」が巨富を生む

 

投資信託手数料にみる業界の良心

日本の外貨預金金利は国民を愚弄しているのか

コール預金とは何か外貨預金と外貨MMFの利点を併せ持つ

 

**代替投資、伝統的投資に強く、安心して運用を任せられるスイスの銀行のサービスが日本語で受けられます。情報を無料でご提供致しております。詳しくはお問い合わせ下さい(メール: mz.group@e-law-international.com )

**本サイトは情報の提供を目的とするのみであって、当方では、いかなる金融商品の販売、仲介、勧誘も致しません。

 

[HOME]