起業・投資・資産管理術の研究

出版物一覧・注文

 

 

「アセットアロケーション理論」の検証

何故なら、おそらく、多くの人たちが投資に関心を持ち、澤上篤人氏の講演会などに出かけたり、本多静六に関心をもって著書を読んだりするのは、好況で株価が上がっているときでしょう。そしてそのときは「なるほど」と思うのですが、目の前で株価が上がっているので、待ちきれずに買ってしまったりするのです。

ですから、株価が下がっており本来は「投資のチャンス」であるはずの不況の時には資金にも気持ちにも余裕がなくなってしまい、結局投資できなくなってしまう、ということは十分にあり得ます。

このように理論それ自体は実にシンプルですが、検証するには時間がかかります。ですから、実際にこれを市況に適用した結果を現実に見られる人はごくまれだと考えられます。

当の澤上氏も、簡単な考え方の説明はしますが、その投資法を実践した結果が実際のところどうだったかなど、もちろん言いません。

しかしながら、もしこれを本気で実践するなら、見通しくらいは立てておきたいもの。

 そこで、本書では読者に成り代わり、この投資法を実際に試みてみればどんな結果になるのか、現実の日本経済の景気変動と株価を用いてシミュレーションしてみました。

 

投資超初心者がプロに勝つための「年30分」ずぼら投資法』目次に戻る

 

[関連リンク]

 

誰も知らない 投資信託の秘密

長期投資の罠 長期低落傾向の相場で勝つには 凡人の「ひらめき」が巨富を生む

 

投資信託手数料にみる業界の良心

日本の外貨預金金利は国民を愚弄しているのか

コール預金とは何か外貨預金と外貨MMFの利点を併せ持つ

 

**代替投資、伝統的投資に強く、安心して運用を任せられるスイスの銀行のサービスが日本語で受けられます。情報を無料でご提供致しております。詳しくはお問い合わせ下さい(tel: 03-5330-7059, またはメール: mz.group@e-law-international.com )

**本サイトは情報の提供を目的とするのみであって、当方では、いかなる金融商品の販売、仲介、勧誘も致しません。

 

[HOME]