起業・投資・資産管理術の研究

出版物一覧・注文

 

 

バブル崩壊以後、株式投資のチャンスは3?!

 まず、前提として、最近の日本経済の景気変動について調べてみます。

バブルの崩壊以来、「失われた10年」とか「いや、10年じゃなくて15年だ」とか言われるように、景気が実際によくなって来たのはやっと2005年あたりからだという気がするのではないかと思います。

株価上昇とともに「戦後最長の景気拡大」がようやく実感を伴ってきたのが、おそらくこの頃ではないでしょうか。

もっとも、この感じも2007年暮れ頃には急速にしぼんでしまったのですが。

ところが、実際の景気変動を詳しく見ると、1991年から2007年頃までに、日本経済の景気循環サイクルは何と3巡しています。すなわち、3回の景気後退期と3回の景気拡大期を経験しているのです。

ということは、「アセットアロケーションの機動的転換」の考え方からすると、1991年から2007年の約17年間で株式投資のチャンスは3回あったことになります。具体的には、199310月、19991月、20021月が景気の底であったとされています。

 理想的にはそれら「景気の底」の時期に株を買い、景気が頂点に達する時期(具体的には、それぞれ19975月、200011月、2007年前半頃)に売れば、最適の結果が得られることになるでしょう。

しかし、現実の投資で、そうぴったりと景気循環に合わせて売買することはまず出来ません。

 

投資超初心者がプロに勝つための「年30分」ずぼら投資法』目次に戻る

 

[関連リンク]

 

誰も知らない 投資信託の秘密

長期投資の罠 長期低落傾向の相場で勝つには 凡人の「ひらめき」が巨富を生む

 

投資信託手数料にみる業界の良心

日本の外貨預金金利は国民を愚弄しているのか

コール預金とは何か外貨預金と外貨MMFの利点を併せ持つ

 

**代替投資、伝統的投資に強く、安心して運用を任せられるスイスの銀行のサービスが日本語で受けられます。情報を無料でご提供致しております。詳しくはお問い合わせ下さい(tel: 03-5330-7059, またはメール: mz.group@e-law-international.com )

**本サイトは情報の提供を目的とするのみであって、当方では、いかなる金融商品の販売、仲介、勧誘も致しません。

 

[HOME]