翻訳出版の企画を提案して下さい

――企画提案者には、売上げの10%を還元いたします――

 

企画提案の基本的な考え方

 

 翻訳を依頼なさるとき、「こんな翻訳なら他社でも興味があるんじゃないか」と思われたことはありませんか。そんな方に耳よりのお話です。

M&Zビジネス翻訳センター/e-law international USA Limitedでは、当ホームページにて掲載・販売するにふさわしい翻訳出版の企画を募集しております。企画提案者には、出版物の発売より1年間、提案された書籍の売上げの10%を還元いたします。

 

    企画は、どなたでも提案できます。

    企画は、英語から日本語への翻訳・出版とし、当ホームページにて掲載・販売するに適当な内容のものに限ります。

    企画を提案なさりたい方は、簡単な企画書とともに原英文をM&Zビジネス翻訳センターまでお送り下さい。簡単な審査と翻訳料の見積もりを行います。(連絡先は注文画面にございます)。

    企画提案の翻訳料金は、完成和文ベースで、1800円/200字となります。翻訳料金を支払われた企画は、原則としてすべて出版いたしますが、翻訳着手後に当ホームページでの掲載・販売に適当でないことが判明した場合は、通常の翻訳料金(3000円/400)との差額を返金いたします。

    原英文に著作権が付いている場合は、著作権の問題をクリアーにしてからご提案ください。

    翻訳物の著作権は、e-law international USA Limitedに帰属します。

    企画提案者の氏名・名称は公開しません。

    出版された翻訳物の体裁は、原則としてA4版、仮綴とします。価格は、概算でページあたり200円程度を目安とします。

    提案された企画については、「著作権の問題」および「当ホームページで掲載・販売するに適切な内容か否か」について審査しますが、「提案された翻訳物が売れるか否か」については審査いたしません。従って、翻訳料金の採算性については、企画提案者の自己責任において判断して下さい。私見ですが、企画を提案される場合は、まず「企画提案者自身にとって必要な翻訳」であることを最も重視し、その上で「内容が一般的なので、他にも翻訳を必要とする人がいるに違いない」と考えられるものを提案なさる方が良いかと思います。企画提案者自身にとって不要な翻訳を提案されることにはリスクがあります。

    提案された翻訳物の売上げが伸びなくても、M&Zビジネス翻訳センター/e-law international USA Limitedは一切の責任を負いません。

 

 

[リンク]

会社設立の裏ワザ(1 2 3 4) 2万円で株式会社設立(1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16) 自分でできる米国法人設立 自分でできるオフショア法人設立 オフショア投資、騙されまいぞ オフショア信託法(日本語版) アメリカ銀行口座開設 アメリカ証券取引口座開設(1 2 3) 小切手は個人輸入の味方(1 2 3 4) 香港破産法(日本語版) 米国著作権法(日本語版) 「民法」英訳プロジェクト(1 2 3) 論文・レポート作成支援(1 2 3)

起業・投資・資産管理の研究(トップページ)

出版物一覧・注文

メール: mz.group@e-law-international.com